第一種感染症病室・陰圧室

CDCガイドラインに準拠した第一種感染症病室・陰圧室

「第一種感染症病室」だけでなく、「陰圧室」でも「CDCガイドラインに準拠した安全な陰圧室(*注1)」を全てのユーザーに提供しています。

*注1:下にある簡単セルフチェック4項目をクリアーした陰圧室


3タイプから選べる「陰圧室」

特定や第一種感染症指定医療機関などの「第一種感染症病室」、
感染症疑い患者の短期入院に対応する「カスタマイズの陰圧室」と、
簡易陰圧装置の陰圧室」の3タイプの陰圧室をサポートしています。
また、専門知識を備えた私たちのサービスは「陰圧室調査」、
HEPAフィルター交換」まで多岐にわたります。


 

 

◆陰圧室調査

まずはセルフチェックから
数日間の感染疑い患者を入院させる陰圧室は、
第一種感染症病室と違い業者の裁量で施工されます。
「陰圧室を作った業者に聞いても良く分からない」場合は、
簡単セルフチェックを利用して貴院の陰圧室をチェックしてみてください。

【①陰圧2.5Pa】・【②換気回数12回】・【③単独空調】・【④HEPAフィルター】のタブをクリックし、4項目を確認してみてください。
4項目で気になる点や不安に感じた点があれば、お気軽にご連絡ください。

CDCガイドラインを理解した担者が対応いたします。


◆HEPAフィルター交換

自信があります。まずはコスト削減!!
 毎年もしくは数年に一度固定費として計上される「フィルター交換」は、コスト削減の対象ではないでしょうか?
また、陰圧や陽圧の測定結果の報告はありますか?
プライベートブランドのHEPAフィルターと無料の測定をセットにした高品質なサービスを低価格で提供いたします。


CDCに準拠した陰圧室を作る「簡易陰圧装置」、発熱外来向けの「クリーンパーティション」などを開発・販売しています。

Read More

様々な企業様から知恵を借りている防災事業は、自治体や医療機関たけでなく一般企業のお役に立てる商品を提供しています。

Read More

協力企業様との出会いがあったからこそ、多くの信頼を得てきました。私たちは良い関係を築ける協力企業様を募集しています。

Read More